shutterstock_147480482

小玉歩をライバル視する男

色々な方が情報発信を行っていますが、
そのメールを読んだ後こんな経験はありませんか?

「このメールは私のことを言っている!」
「私の悩みを熟知した上でメール書いてくれてる!」

みたいな。

完全に個人に送ってくれているのでなかろうか、
と勘違いしそうなメール内容。

私もありますが、
コンサル生からメールで

「今日のメールは僕のことですよね。頑張ります。」
「叱咤激励してもらいありがとうございます。」

・・・
・・・
・・・

いや〜。。。違うんだけどw

みたいな感じに思いながらも、
響いてくれているからうれしいな、、、と。
思ったりします。

3日間ほど三浦さんと一緒におりました。
基本的に集合は夕方〜ですが、
色々と三浦さんからディレクション。

もちろん情報発信に関して。

自分の中でも見直したりすると、
非常に大事なことを忘れていた。

ノウハウ、テクニック、教材を紹介するときに、
絶対に必要であり、自分のビジネスとしての根本的なもの。

「人」基軸の発想。

今回の「The Mail Magazine」の作者

「小玉歩」

彼に対しての魅力や、強みなど。
ノウハウコレクター時代からずっと見てきた
僕だから伝えられることがある。

そう思い、本日の題材にさせてください。

AYU《小玉歩》さんとの出会いは、、、、6年前。
2010年くらい。

出会った頃はAYUさんって呼んでたので。

たまたま、同じSNSに入っていて
まだAYUさんがPPCアフィリエイトで2ヶ月で100万円を
稼ぎ出しだ頃のお話です。

私もppcをかじっていたし、
私はグレーなppcで稼いでいたので、
ちょっぴり勘違いしている時期でした。

そんな中で、同じSNSにAYUと名乗る男が登場です。

色々とPPCに関して、
AYUさんがSNS内でコメント残していました。

正直、最初の印象は、、、、

「ナンダこいつは。」です。

もうね、勝手にライバル視ですよ。

だって、たまたま同じSNSにいて、
まだまだAYUさんも今のように有名でない時。

そりゃ、同じ時期にPPCやっていたら
ライバル視しますよね。

同じようにPPCやってたし、
短期的でそこまで報酬伸ばしているは、
正直羨ましかったんですよね。

もうね、、、、妬み、僻みです。

SNSで質問があったら
私もコメント残す。AYUさんもコメント残す。

AYUさんの説明がわかりやすく、
それで結果が出ました!とコメントが上がる。

井上、、、、妬む。

そんな時期からAYUさんが異常に駆け上がっていく。
ネットショップ、アフィリエイト、教材販売、セミナー。。。。

マジで猛スピードです。

私も、今メールを見返したら、
2010年10月にアフィリの商品買ってました。

この時期から妬みからファンになっていきます。

アフィリされた教材を買ったら特典請求で名前を覚えてもらえる。

「井上さん、この前買った◯◯はやりましたか?きちんとやったら結果が出るので、特典活かしてくださいね〜!」と。

そこからチョクチョク買っては特典請求しノウハウコレクター化。
AYUさんは同じ教材を使ってガンガン実績を出し駆け上がっていく。

格好良さだけでなく、純粋に人間ぽいところも沢山。

初めてきちんと出会えたのがマインド合宿。
そこから少しづつ会う機会も増え
ビジネスのアドバイスをもらえるよになりました。

メールでは尖った発信、響く発信、強い印象。

だけど、すごく気にしてくれるし、人を誰よりも見てる。

ビジネスマンとして、実績がダントツ。
そして、圧倒的な行動を行う。

情報発信に関しても、業界ダントツ。

発信が強いから大きく嫌われることもある。

ただ、それ以上に自分も実績をだし、
近くに来てくれている人たちの実績を出させる。

ここも一流です。

そんな彼の思考やテクニック、ノウハウを盗むのは必然。

僕が感じる魅力はそれ以上に、彼の本当のやさしさです。

私がセミナーした時には、応援しに来てくれて、
スピーチしてもらったり。

セミナー終わったら、コンサル生でもないのに、
セミナーがダメダメだった部分を
ガーーーットチャットでメッセージくれたり。

自分が再婚し、子供ができたことも報告させてもらった。

私の奥さんを紹介した時には、
わざわざ結婚の祝いもらったり。

子供の出産祝いもしてもらったり。

「井上さ〜ん、結婚おめでとう!これプレゼント。」

と、憮然とした感じでプレゼント渡してくれる。

私の子供に関しても、最近行っているビジネスでも、
心配してくれて、電話してくれる。

「今の状態で、本当に泰輔さんにできますか?」
「詰めているとかではなく、自分も痛い目みたから。」
「泰輔さんが無理だと思うならすぐに手を引いたほうがいい。」

もうね、僕からしたら感謝しかない。

だから彼の行動一つ一つから学ばせてもらってます。

結果に対しての執着心。
常に指導者として手を動かしていく。

一つ一つをマニアックに研究する姿勢。

情報発信もそう。

言葉の選び方、改行、文章構成。

セールスまでのストーリー。
その後のフォローまで。

学びしかないんですよね。

ただ、発信が強いし、グサグサ刺さるから、
タイプが違う人は好きじゃないかもしれません。

好き嫌いで情報の取捨選択を行うのは、
非常にもったいないし、子供の発想ですよね。

常に自分が好きなものだけを手に入れたがる。

「いやーーーー、あのミニカー欲しいーーー」

こればかり言ってワンワンなく子供。

子供であれば情報が偏ってしまうから、
色々な体験、情報を与えますよね。

なぜ大人で成長すべき人がしないのか。

経験の偏り、知識の偏りがあるから成長できませんよね。

私自身も、小玉さんの教材を見させてもらうことで、
また新しい企画、発想を手に入れることができましたからね。

小玉さんが今までフロントラインで走ってくれているから
三浦さんと出会えたし、いつも飲む素敵な仲間と出会えた。

彼の情報発信での実績や、駆け上がり方は
誰が見てもTOPですよね。

であれば、そのTOPから知識を吸収する。

世の中では、裏でこそこそ実績嘘ついて、
指導者として発信を教えている人も多数いる世界。

そんな中で、実績も出しながら、指導者として
成長し続けている数少ない人だと思っています。

オフィスに遊びに行ったら2億円のインフォトップ画面とか
達成した瞬間にみせてもらって、ニコニコしながら、

「ほら〜、井上さん見て情報発信って魅力あるよね〜。」

・・・・・・魅力しかないです。

今回の教材も彼の情報発信のすべてを凝縮してる。

情報発信の素晴らしさを伝えてくれる

彼だから作れる教材。

そんな教材だからこそ、一人でも多くの方に
手にして欲しいです。

販売停止も29日に決定しましたので、
ぜひ、もう一度じっくりレターを読んで、
彼の本気を味わってください。

http://fytmember.com/l/u/wtbRX28I0Srb4YvR


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

井上泰輔のさらに濃厚な情報をメールマガジンで配信中!

無料ですのでお気軽に登録下さい ⇒ 登録はこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP