shutterstock_281485034

youtubeはデータと数字が命

最近もっぱら色々と記事を書いております。
先日買った教材がまーーー素敵で。

サイトアフィリエイトの教材ですが、
切り口をずらして発展させていく。


ココが素晴らしすぎて早速実行しております。

FB広告の事も取り上げていたので、
最近勉強している私としては、ガツガツやっております。

画像を決めて、タイトル決め、、、、
ガーーーーっとテスト。テスト。テスト。

タイトル一つでも、クリック率がガラッと変わりますからね。

50歳以上の方をターゲットにした広告で、
タイトルテスト行って一番クリック率が高いもので、6.939%。
一番クリック率が低いもので、1,732%。

同じ画像をつかっても、タイトル一つでコレだけの開きがありますからね。

まぁ、、、、実際クリックされるだけで、なーーんもウレトリャセンデスガ。

タイトルのテストとして割り切ってやってみたので、
コレはコレで捉えています。
強がりじゃないです。はい。

ココからさらに記事を練り上げていき、ストーリーを考え、
成約まで持っていく。

このテストがたまらなく面白いんですよね。

これで定期的にFBでリストも入るようになったら、
次はステップメールのテストですよね。

クリック率測定したらり、レターまでのクリック率テストしたり。
レターもレターでどこまで読まれているかテストしたり。

YOUTUBEも一緒でずーーーっとテストです。
同じ動画構成や、ストーリ構成でも、タイトル次第で伸びが違います。

タイトルは同じキーワードを使っていても、
動画の構成、演出次第では、再生時間や、維持率、
評価、コメント。

ガラッと変わってきます。

これをきっちりと行うためにデータが必要なんですが、
最初からデータって手に入りませんよね。

だから、徹底的にうまく結果を出している人をパクッてしまおう。

ここでパクるとか伝えると、
表面的なタイトルや、目に見える部分だけをパクる方がいます。

それじゃ、結果は遠のいていく。。。

大事なのは、

うまく結果を出している人たちの考え方、思考、捉え方。

ここをパクることです。

動画ひとつにしても、

「なんでこのネタなのか。」
「このネタでなぜこの構成なのか」
「この演出はなぜなのか。」

など、目に見える部分だけでなく、その奥をパクる意識が大事ですよね。

あとは、視聴者側に立って、相手の反応から探ってみる。

「なぜこの動画にこんなコメントが入るのか」
「なぜ、この動画はココまで評価されているのか」
「なぜ長期間再生されているのに、再生回数が落ちないのか」

など、お客様視点で反応している部分を探っていく。

後は、自分が持っているデータですよね。

「なぜ、同じキーワードなのに、視聴維持率が違うのか」
「なぜ、開始3秒でお客様の3割が離脱しているのか」
「なぜ、動画が30分もあるのに、再生時間の平均が23分もあるのか。」

など、データから色々と仮説がたてられます。

このデータや、うまくいっている人の思考、お客様視点をからめて、

テスト、テスト、テスト。です。

実際私もYOUTUBEで信じるべき部分は、ノウハウ、テクニックではなくて、

「数字」と「データ」

です。

数字とデータは嘘をつきませんからね。

ここをじっくりと見ることで、
より今まで見えなかったことが見えてくるので。

そろそろ、3月バブルです。

3月バブルも近づいてきて、そろそろ単価が上がってくるので、
ここらで一回じっくりデータをみてみるのもいいかもしれませんね。

データを生かして、チャンネル作れば経験した事が無いほど伸びることも
往々にしてよくある事ですので。

ぜひ、お試しくださいね。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

井上泰輔のさらに濃厚な情報をメールマガジンで配信中!

無料ですのでお気軽に登録下さい ⇒ 登録はこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP