20150707005311

全否定をするクソ人間へ。

子供が生まれて一週間が過ぎます。
生まれてきてくれた事に感謝ですね。

自分が親として、
最大限できることを
知恵と生命使ってでもやり切っていきます。

コンサル生とも色々と話します。

そこで、
コンサル生に伝えている言葉を
そのまま綴ります。

これは一部個人に送るメッセージ。

やれる可能性があり、
できる未来があるのに、
自分守るための嘘をついて、
体裁を貫くのはクソだ。

眠い、きつい、聞いてない。

自分ができるっておもった世界しょ。

五体満足でいられるのであれば、

死力尽くしてやればいい。

可能性があるのにあきらめる理由がわからない。

全てにおいて可能性が否定される環境がある人もいる。

自分が悲劇のヒロインかも知れない。

自分が知らないところで、
それ以上に苦しんでいる現状があったとする。

自分がいつまで悲劇のヒロインでいるのか。

未来は、自分がやればやるほど開く事ができる。
閉ざされた未来を持った人もいる。

自分の可能性を信じないで、
否定するのはクソだ。

全てはつながる人、
そこでできる環境。

そこでの個人の捉え方。

そこからの判断、覚悟。

そして、

決断。

それで未来が変わるなら容易いもんでしょ。

全ては自分次第。

一生自由にならない未来に嘆くよりも
1%でも可能性がある未来にかけて、
自分を貫くほうが、、、、、

生きて成し遂げる意味があるんじゃないの。

人は老いて死にいくもの。

後世に何を残し、
何を体験させるのか。

瞬間の金銭も大事だけど、
それ以上に体験を、瞬間の感情も大事にすべきでしょ。

うまい話、
いい話、
楽して稼ぐ、、、、、

ないわ。

そんな世界。

全ては自分が開く道。

一瞬の苦痛に耐えられないのであれば、
やめたらいい。

そんなゆるい世界ではない。

本気で命を費やして、
本気でやっているから、結果は出す。

結果がでる、、、、、ではなくて、

結果を出す。

これの違いが分かるかな。

自分で開ける未来なら、
誰よりも、
自らを信じて、
自分を信じて突き進むほうが、

誰もが笑顔になれる。

そんな人になりたいし、
なろうと思う。

自分はまだまだ未熟。

何があろうと、
常に上を向きながら、
付き合う人を最大限の笑顔と、
体験を積ませたいと思う。

さぁ、12月。
後悔は過去のこと。

理想の未来を積み上げるために、
最善と最高と最速をめざして

やりきりましょう。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

井上泰輔のさらに濃厚な情報をメールマガジンで配信中!

無料ですのでお気軽に登録下さい ⇒ 登録はこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP