youtubeで稼ぐカリキュラム

こんばんは。
井上です。

NBGC2.5期もはじまり
毎日スカイプ三昧です。

チーム生には色々と
youtubeで稼ぐために課題を出しています。

色々と話す中で、
気づいた事があったので、
今回は頂きますね。

フロントラインマーケティングを
ご覧になった方はご存知かもしれませんが、
私自身「一日22時間作業する」と宣言しました。

これは、8月に行動したのですが、
ここでちょっとした取り違えというか、
勘違いが、多数発生しています。

と、いうのも

「youtubeってガンガン投稿すれば稼げるじゃん!」

はい。これですね。

これは大きな間違いなんです。

チャンネルのコンセプトや切り口がズレいる場合。
動画1000本作っても稼ぐ事はできません。

簡単に言うと
稼げるジャンルや、稼ぎやすいジャンルが多数あるわけですが、
その中でもウケルチャンネル構成や、コンセプトなどあるわけです。

その中で、自分のチャンネルをつくり
動画を投稿していくわけです。

その時に、チャンネルの切り口やコンセプト、
また動画の内容などが視聴者を意識していない場合は、
まったく再生回数も伸びない。
もちろんチャンネル登録者も増えません。

稼げるジャンルがあるにも関わらず、
稼げないのは、そのジャンルの特性を知らないから。

ジャンルの特性を知るためには
そのチャンネルなどを徹底的にリサーチしないといけません。

このリサーチが甘いと
youtubeで稼ぐのは無理!
と言っても過言ではありません。

youtubeっていう場所で稼ぐ、
また攻めるジャンルもあるのに、、、、
リサーチしないでどうするの?
って言う感じです。

と、いうわけでチーム生や、コンサル生には
徹底的にリサーチしてもらっています。

それもアウトプットは
チャットワークを使って文章でびっちり。

これにも全て理由があって。
将来ネタ化に向けての行動です。

自分のインプットしたものや、
考えた事を、人にわかりやすく丁寧にアウトプットする。

そのアウトプットされた事に対して、
私がどんどん突っ込みで質問します。

たとえば、、、、

ーーーーーーチャットでの一例ーーーーー

リサーチお疲れ様です。
もう一歩踏み込んでアウトプットしてください。
リサーチが緩いと確実にその後が時間がかかるので!

以下

サムネイルが目立つ→何がどう目立っているのか?
タイトルつけが上手い→どううまいのか?
コンテンツが面白い→何がどう面白いのか?視聴者に何が受けているのか?
削除されにくそうな動画→その根拠は?なにからそのように感じたのか?

ーーーーーーチャットでの一例ーーーーー

こんな感じです。
これを毎日行う人は行うし、
一週間に一度の人もいます。

これをすることで
お互いの思考が歩み寄る事ができて、
私の考え方の基準値を
相手にダイレクトに伝えやすくなるので。

一つの動画を見たとしても、
吸収できる情報量が違いますもんね。
いかに一つの体験から、
多くの情報を学べるのか。
多角的に見る事ができるのか。

その為のカリキュラムを組んでいます。

過去に4500動画以上作成して、
作りあげたカリキュラムなので、、、、
素直に取り組んで行動量を上げてくれれば、
確実に成果が出ます。

ここでも大事なのが「素直」なんですけどね。

自分の考え方で、
いる、いらないを判断してこのカリキュラムの
情報を受け取ると痛い目みますからね。

私自身も、必要最低限で
最大限の効果が出る情報をお届けしています。

と、いうわけで
このカリキュラムを体験した
チーム生や、コンサル生がどう成長するのか?
是非お楽しみに!


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

井上泰輔のさらに濃厚な情報をメールマガジンで配信中!

無料ですのでお気軽に登録下さい ⇒ 登録はこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP