Bt_3MwuIgAAs1IU

YOUTUBE動画を5000本投稿しても稼げない理由

今回は、youtubeのお話。動画を
がんがん投稿する前に、すごく大事なことがあるので
そのお話をさせてもらいますね。

私は今までかなりの数の動画を作成しました。

youtubeの動画作成方法ですがの
私は、動画をがんがん作るのですが、
その前にリサーチをしっかり行います。

実際に動画を作るのは誰でも作れるので。
特に私の方法なんて、
「このようなのでいいのかよ!」ってレベルです。

さて、
私の動画作成の流れですが、

攻めるジャンルのチャンネルを決めます。
その後リサーチ。
そして、作ったチャンネルに動画を30本投入する。

この時点で様子を見ます。

様子を見るというのは、

30本動画投稿した後に、
そのチャンネルの総再生数とチャンネル登録者数をみる。
と、いうことをします。

ここまでがリサーチの準備です。

私の場合、新しいジャンルを決めるときに
ここまでを一つのリサーチ項目とおいています。

それをみるだけで、チャンネルの勢いがわかるので、
継続するかしないかの判断を下します。

ここからは、
あなたに置き換えて考えてくださいね。

この判断っていうのがすごく大事なんですよね。
間違った判断するのとその後が全く成果が出ないので。

間違った選定基準で攻めると
動画5000本作っても無駄なので。

例えば、チャンネルAとBがあるとします。
動画投稿したのは30本、その後10日後の測定で、
チャンネルA:総再生数 10000回
チャンネル登録者数 100人

チャンネルB:総再生数 5000回
チャンネル登録者数 100人

このような結果が出ました。

この時点で、その後チャンネルを一つにしぼって、
動画を投稿し続けるわけです。

一つにしぼることで、作業を集中でき、
収益を一気に上げたいから。

ここで、どちらを選ぶかで、未来がかわります。
もちろん、両方を取るというということおもできますが、
今回は一つで。

ここでの、選択と決断で、
その後の未来がかわります。
正確な判断基準を持っていないと
無駄な作業量をこなすだけで、
結果が出るのが時間かかります。

さぁ、あなたならどうしますか?
その答えを選んだ理由は何でしょうか。

この選択基準の違い、決断の違いが
決定的な未来をかえます。

では、その基準をどのように知るのか?

それもリサーチだったりします。

ただ、こっちのリサーチは難しくて、
表面的な部分では、はかれない。

見た目では最終的にはわかるのですが、
最初はみただけではわからない。

見ただけでわかるようにするためには、
数稽古積んで、目を鍛えて、経験を積む。

これしかないんです。

これを最短でクリアするためには、
目を鍛えながら、そのステージの人たちと
対話して、自分との判断基準の違いを探る。

自分との違いですね。

ここまでなるとその判断している人たちと
対話をしないと、自分との違いがわからない。

だから、人と対話することが
必要だと思うのです。

結果が出ている人たちと対話して、
「自分だったらこうするのになぁ」
と思うことがあるかもしれません。

そのポイントが一番結果を出している
「違い」かもしれません。

人って、自分がかわいいし、
どこかでは他人より優秀だって
思うものだと思います。

ただ、結果が出ている人と、自分を比べて、
相手の行動、思考、判断基準などが違ったとしたら、
素直に受け入れてみる。

この

「謙虚さ」って大事だと思います。

だって、その思考、行動、判断基準など違いこそが
最終的に結果に違いをもたらすからです。

だいたい
「自分だったらこうするのになぁ」
って思ったりします。

だけど、そのままやり続けていたら、
同じ結果しか出ません。

今までと違った結果、未来を手に入れるためには、
今までと違った判断基準で、少しずつ新しい選択肢を持って
新しい決断の基準を持つことも大事。

なので、新しい選択肢を持って、
いろいろと決断することで、
未来がどんどん広がっていきます。

最初の話に戻りますが、

チャンネルAとチャンネルBのお話。
あなたならどちらを選択して、
その後動画を作成し続けますか?

ぜひ、メールでもいいので、
あなたなりの考えを聞かせてくださいね。

私が選ぶのはチャンネルBです。







と、
これで終わったら、思考停止なのですが、
考えてみてくださいね!

明日
私なりの判断基準をお伝えしますね。

では!


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

井上泰輔のさらに濃厚な情報をメールマガジンで配信中!

無料ですのでお気軽に登録下さい ⇒ 登録はこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP